未来のビジネスを電気のチカラで変える 未来のビジネスを電気のチカラで変える

未来のビジネスを
電気のチカラで変える

About us

未来のビジネスを
電気のチカラで変える

MCリテールエナジー株式会社は、三菱商事株式会社と
株式会社ローソンを出資母体とする電力小売事業を営む会社です。
三菱商事の30年以上にわたる発電事業をはじめとした電力事業の経験と地域に寄り添ってきたローソンの親しみやすさから生まれた次世代エネルギーサービスが、電気のチカラを基盤にビジネスの次なる進化をサポートいたします。

事業紹介

VPP事業Virtual Power Plant

VPP(Virtual Power Plant:仮想発電所)とは、小規模発電所や再生可能エネルギー発電設備をはじめとする分電源や蓄電池・電気自動車(EV)・デマンドレスポンス(DR)のような需要家の節電などを束ね(「アグリゲーション」)IoTで管理することにより、あたかも「一つの発電所(仮想発電所)」のように制御するソリューションです。

対象となるお客さまと提供中のサービス

商業施設、オフィスビル、工場、店舗、一般家庭など様々なお客さまに対して、VPPシステムをご提供するサービスです。

実績紹介

電力需要予測システムおよび店舗設備遠隔制御システムを活用し、ローソンの複数店舗群の電力調整を図る、電力ひっ迫時に準備を進めるなど、VPP事業を展開しています。これにより、電気代の削減、省エネ、ネガワット取引(アグリゲーター等との事前の契約に基づき、電気のピーク需要のタイミングで節電を行う、インセンティブ型の下げデマンドレスポンス)による報酬の受け取りなどのメリットがあります。

詳しく見る

V
P
P




  • ■2018年~2020年:3社によるローソン店舗群におけるVPP事業の実現

    三菱商事が提供するAIおよびIoT(Internet of Things:モノのインターネット)技術を活用し、ローソンは「リソースアグリゲーター」として複数のローソン店舗の照明や冷蔵庫の温度を遠隔で自動調整し、電気代の削減および省エネを実現した。MCリテールエナジーは、ローソン店舗に限らず、複数のリソースアグリゲーターを管理・調整する「アグリゲーションコーディネーター」の役割を果たす。

  • ■2020年:電力需給ひっ迫時に調整力として

    2020年度公募の調整力(対象メニュー:電源I’厳気象対応調整力)のアグリゲーターとしてMCリテールエナジーが採択され、2021年度より電力需給ひっ迫時に調整力の提供を開始。

  • ■2021年:需給調整市場取引の一端を担う

    需給調整市場取引会員資格取得(2020年7月)。簡易指令システム工事が完了し、2021年度より需給調整市場取引開始予定。

今後の取り組み

  1. 容量市場への入札参加も準備中。

  2. VPP事業の要となるリソースを自家発電機や大型蓄電池以外にもEVや負荷設備の制御等小規模な需要家リソースをアグリゲートすることでより多くのお客さまにVPPのメリットを享受いただけるようサービスを拡張しています。

  3. 売電先として、公募および新市場への入札、日本卸電力取引所(JEPX)などの組み合わせを最適化することで、エネルギーマネジメントと共にお客さまのメリットの最大化を目指します。

閉じる

ダイナミックプライシング事業Dynamic Pricing

ダイナミックプライシング(Dynamic Pricing)とは、日々の料金を市場変動等に合わせて変動させる料金システムのことです。
私たちは、そのダイナミックプライシングを活用し、EV(電気自動車)やPHEV(プラグインハイブリッドカー)で、電力卸売市場や電力需給に連動した充放電を調整することで、改善した電源調達コストをEV/PHEVオーナーさまに還元する取り組みを行っております。
また本取組は、再生可能エネルギーの利用拡大、調整力の確保、系統増強の回避等も実現していきます。

対象となるお客さまと提供中のサービス

EV/PHEVの個人・法人オーナーさま(低圧電力契約)向けに毎晩深夜1時~5時のEV充電相当分の電気料金が無料になる「毎晩充電し放題!プラン」「毎晩充電し放題!CO2フリープラン」を、実証用プランとして、EV/PHEVの実充電量を無料にする「毎日充電無料プラン」「毎日充電無料CO2フリープラン」をご用意しております。
※高圧契約の法人オーナーさまの場合は個別に対応いたしますので、個別にご相談ください。

実績紹介

経済産業省のダイナミックプライシング実証事業にて自動車メーカーさまなどとの協業を通じ、EV/PHEVオーナーさま向けにおトクな電力プランを提供しています。

詳しく見る

















  • ■2020年:経済産業省実証事業向けプランのリリース

    経済産業省実証事業の一環として、自動車メーカーさまとの協業により、EV/PHEVオーナーさまが対象時間にEV/PHEVを無料で充電できる電力プラン「毎日充電無料プラン」をリリースし、電動車の充電シフトを実証いたしました。

  • ■2021年:経済産業省実証事業を6社共同で展開

    新たに非化石価値付き電力プラン「毎日充電無料CO2フリープラン」を追加し、経路充電の可能性と法人顧客のフリートなどを活用した実証の計画を行っています。

今後の取り組み

  1. EV/PHEVオーナーさまに充電シフトによるメリットのみならず、V2X機器を活用した放電制御することで、個人および法人の電力利用のピークシフトによるメリット創出や、調整力として活用することで更なるメリットを創出する事業モデルを構築します。

  2. ダイナミックプライシング実証で得た知見をもとに、昨今の再エネの普及や新たな制度に対応すべく電力業界全体の効率化を目指し、お客さまのメリットの最大化を目標に掲げ、ビジネスの展開を推進いたします。

閉じる

TPO事業Third-Party Ownership

TPO(Third-Party Ownership:第三者所有)とは、TPO事業者が太陽光パネルや蓄電池などの設備を商業施設、オフィスビル、一般家庭などユーザーへ提供し、ユーザーはその設備で発電した電気を使うというモデルです。

対象となるお客さまと提供中のサービス

太陽光パネルや蓄電池を施設可能な建物や土地をお持ちのお客さまに、初期費用無しで太陽光発電設備の施工および運用保守サービス、電気料金削減+環境(再エネ)価値を提供します。

実績紹介

初期費用無しで店舗の屋根置き太陽光パネルの設置・資産保有・メンテナンスはMCリテールエナジーにて実施し、同設備で発電した分の内、自家消費分は一定タリフ(現供給単価ーαを想定)にて供給する場合のシミュレーションをご案内しております。一般の電力契約と異なり、再生可能エネルギー賦課金および託送料がかからず、非化石価値によるメリットを体感いただけます。

詳しく見る
  • ▼お客さまが享受できるTPOモデルのメリット

    ・電気代の削減
    ・RE100、SDGsなど環境貢献企業のブランディング
    ・省エネ法への対策
    ・災害時の非常用電源としての活用(BCP対策)

今後の取り組み

TPOモデルの事業規模の拡大を検討します。

閉じる

サステナブルな社会への貢献Contribution to sustainable society

気候変動対策、RE100、SDGsなど、サステナブルな社会の実現に向けた多角的な取り組みです。

対象となるお客さまと提供中のサービス

法人のお客さま向けに「MC再エネプラン」、「RE100プラン」、非化石価値証書付きの「CO2フリープラン」を提供しております。
個人のお客さま向けに「CO2フリープラン」、EV/PHEVオーナーさま向け「毎晩充電し放題!CO2フリープラン」を提供しております。

実績紹介

CO2フリー電力を三菱商事の本社ビルや一般家庭向けに供給しています。
また、個人のお客さまがEV購入に伴い最大80万円の補助金を受けられるよう、環境省のEV購入補助金対応プランとして登録しています。

詳しく見る
  • ■2020年:CO2フリー電力の供給開始

    MCリテールエナジーの株主である三菱商事本社ビルに対し、三菱商事パワー株式会社が出資・運営する太陽光発電所にて発電された環境価値(トラッキング付非化石証書)付きのCO2フリー電力を供給。

今後の取り組み

  1. CO2フリー電力系統だけでなくお客さま保有の建物の屋根に太陽光発電を設置することによるオンサイトのPPA(電力販売契約)サービスや、EMS(エネルギーマネジメントシステム)による需要家リソース(空調・照明等)の制御、電動自動車への再生可能エネルギー供給を通じて、更なる環境価値向上を目指します。

閉じる

電力小売事業Electricity Retailing

2016年4月の電力全面自由化により、一般家庭や商店等も電力会社を選べる時代になりました。ライフスタイルに合った電力会社を選ぶことで、電気代の削減やおトクなサービスなどのメリットを享受できます。

対象となるお客さまと提供中のサービス

ご家庭や商店等のお客さま向けに、ライフスタイルに合ったおトクな電力サービス「まちエネ」を提供しています。

実績紹介

「まちエネ」というサービス名にて、2016年より一般家庭や商店等はもちろん、ローソン店舗にも電力を供給しています。また、固定価格買取制度(FIT)の期間満了を迎えたお客さまの太陽光発電の買取りサービスも提供しています。

まちエネ
詳しく見る
  • ▼サービス提供エリア(2021年9月時点)

    東京電力エリア、東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア

今後の取り組み

  1. サービス提供エリアの拡大を検討中

  2. 多様なライフスタイルやニーズに合わせて、総合的なエネルギーサービスの提供を検討中

閉じる

FAQよくあるご質問

2016年4月の電力小売事業全面自由化にサービスを開始した電力小売事業者です。三菱商事株式会社と株式会社ローソンが出資し、2015年11月に設立しました(2019年3月末時点の資本金:4.95億円)。2021年現在はローソン店舗をはじめとする法人各社や一般家庭への電力供給のみならず、サステイナブルな電力システムの構築に向け、CO2フリー電源・仮想発電所・電気料金のダイナミックプライシング・太陽光発電の第三者保有モデルなど様々な次世代エネルギーサービスも提供しています。

ホームページ内のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
一般家庭・商店向けの電力サービス「まちエネ」のご契約に関しては、まちエネ ホームページをご確認ください。

2021年8月時点では、上場していません。

電源Ⅰ´は10年に1回程度の猛暑や厳寒などの厳気象における最大需要の想定において、電源のトラブルが発生していないにもかかわらず供給力が不足し、国からの特別な要請に基づく節電に期待する(場合によっては計画停電に至る)といった状況に陥らないようにするための供給力です。各一般送配電事業者が年に1度公募を行います。

一般送配電事業者が周波数制御・需給バランス調整を行うために必要となる調整力を売買する市場です。2021年4月よりエリアを越えた広域的な調整力の調達を行う「需給調整市場」として開設されました。

従来の卸電力市場で取引されている「電力量(kWh)」ではなく、「将来の供給力(kW)」を取引する市場です。本市場で発電事業者への将来的な収益を一定担保することで、将来必要な供給力を予め確保することに繋がり、将来の安定供給を確保します。

需給バランス調整その他の系統安定化業務に必要となる発電機、蓄電池、ディマンドリスポンスその他の電力需給を制御する能力をいいます。

需要家側エネルギーリソースの保有者もしくは第三者が、そのエネルギーリソースを制御することで、電力需要パターンを変化させることです。DRは、需要制御のパターンによって、需要を減らす(抑制する)「下げDR」、需要を増やす(創出する)「上げDR」の二つに区分されます

各公募や市場、エリアによって、期待できるメリットに違いがございます。詳しくはお問い合わせください。

可能です。お問い合わせフォームより、お問い合わせいただければ弊社実証担当者よりご連絡させていただきます。

EV充電施設をお持ちのEV・PHEVオーナーさま(車種不問)であれば個人・法人(低圧契約)問わずご参加いただけます。

実証プランの「毎日充電無料プラン」、「毎日充電無料CO2フリープラン」は、実証期間以外は毎晩深夜1-5時固定で、継続してご利用いただくことが可能です。

条件をクリアすれば対象となります。お問い合わせフォームより、お問い合わせいただければ弊社実証担当者よりご連絡させていただきます。

原則20年でご提案しておりますが、お客さまのご要望に応じてお見積りいたします。

お客さまのご要望に合わせて無償譲渡、契約延長、撤去(費用はお客様負担)をご提案いたします。

電力の供給エリア、太陽光発電設備の設置容量や施工条件によって異なりますので、個別にお見積りいたします。

原則、資産価値に基づく価格および解約時点で発生している仕掛品の費用をベースにお客さま負担とさせていただきます。

現在は、一定規模以上の敷地を保有(条件により借地も可)している法人企業様を対象にご提案しております。

法人さま向けには、「MC再エネプラン」、「RE100プラン」、「実質CO2フリープラン」の3つがあり、個人のお客さまに対しても、2021/3/5より、「CO2フリープラン」、EV/PHEV所有者さま向けの「毎晩充電し放題!CO2フリープラン」をご用意しております。また法人さまにおかれましてもEV充電をお得にできるプランを準備しておりますため、ご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

RE100プランの場合、再エネの発電所を特定し、環境価値をトラッキングし電力供給しているプランで、実質CO2フリープランは、発電所は特定せずに非化石証書を付けて電力供給しているプランです。

化石燃料を使用していない「非化石電源」から発電された電気の環境価値を証書化して取引されるものです。

温対法におけるCO2排出量がゼロである価値(以下、「ゼロエミ価値」という。)も有しており、温対法上のCO2排出係数が0kg-CO2/kWhになります。

現在、供給している発電所は、太陽光発電所がほとんどですが、その他、水力発電所やバイオマス発電所を選んでいただくことも可能です。取引量にも限度があるため、必要な場合は個別にお問い合わせください。

2021年9月時点では、以下の通りとなります。ただし、離島を除きます。

●東京電力エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)
●東北電力エリア:青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県
●中部電力エリア:愛知県、長野県、岐阜県(一部地域を除く)、三重県(一部地域を除く)、静岡県(富士川以西)
●関西電力エリア:大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県、兵庫県(一部地域を除く)、福井県(美浜町以西)、岐阜県の一部
●中国電力エリア:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、兵庫県(一部地域を除く)、香川県(一部地域を除く)、愛媛県(一部地域を除く)
●四国電力エリア:徳島県、高知県、香川県(一部地域を除く)、愛媛県(一部地域を除く)

一般家庭・商店向けのお見積もりはシミュレーションページをご覧ください。

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

COMPANY会社概要

会社名
MCリテールエナジ―株式会社
設立
2015年11月20日
代表者
代表取締役社長 鈴木 慎一郎
資本金
資本金4.95億円(2019年3月末時点)
株主
三菱商事株式会社 株式会社ローソン
事業内容
電力小売事業
本社
〒100-8086 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 丸の内パークビルディング
ホームページ
https://www.retailenergy.co.jp/

ACCESS

  • 東京メトロ千代田線「二重橋前駅」1番出口より徒歩3分
  • 東京メトロ日比谷線・千代田線、都営地下鉄三田線「日比谷駅」B7出口より徒歩4分
  • JR/東京メトロ有楽町線「有楽町駅」
  • JR国際フォーラム口より徒歩8分

代表挨拶

デジタル革命によりITがより身近に実用的になったことで、これまで発電側から需要側に一方向にしか届けられなかった電力が双方向になり、電力事業の未来は大きく変貌を遂げる可能性を秘めています。
また、政府が掲げる2050年のカーボンニュートラル宣言やガソリン車からEV車に移行していく潮流の中で、電力需要が一層増え、電力のあり姿も変わっていくと考えられます。
当社でも、環境に関心の高いお客さま、電気の有効活用をお考えのお客様の声にお応えし、より良いサステナブル世界を実現する為に、仮想発電所(Virtual Power Plant)やダイナミックプライシング事業の開発、EV向けのプランのローンチなど、サステナブルな未来に向けて様々な取り組みを始めています。まずは小さな一歩から、電気のチカラを借りながら、少しでも課題解決に貢献できれば幸いです。

代表取締役社長 鈴木 慎一郎

経歴

  • 三菱商事株式会社に入社後、発電所の開発・管理・企画業務を担当。
  • 2000年の「特別高圧」区分の電力自由化に伴い、新電力登録1号のダイヤモンドパワー株式会社の立ち上げ、大規模工場やデパート、オフィスビルなどを対象とした電力小売事業に携わる。その後、海外に舞台を移し、東南アジアの卸発電事業開発や欧州の電力小売事業に関わる。
  • 2020年4月よりMCリテールエナジー株式会社の代表取締役社長として、国内の電力小売事業において、より良いサービスの開発・提供を目指している。

CONTACTお問い合わせ